CART

シューズとドレスはセットで!scene05/TPOも考える「エレガントな人」

TOKYOマナー 2020.02.07





来週は新しくできた話題のアートギャラリーで



ブランドの新作発表レセプションパーティに行く予定。



気鋭のアーティストや有力者が集まる華やかな場所で



自分自身もたくさんの人に見られ、気の抜けない日になりそう・・・




この日のために、新しいドレスもバッグも用意した。




シューズは何がいいのだろう・・・

パーティーに出向くと




せっかくドレスが素敵なのに、足元が残念な人をよく見かける。





全身が見えるようなパーティの時、シューズの選び方は




ファッションセンスだけでなく




その人のマナー偏差値も現れる。




シューズはドレスとセットで考えて!




“知っていてほしいシューズのマナー”




もっともフォーマルなシューズは




つま先、かかとが隠れるパンプス




足は隠すものというのが歴史的な常識なの。




つま先が出るオープントゥは、フォーマルを崩すので




かしこまった場所には基本的にNGだけれど




例外もあって、ロングドレスにはオープントゥもOK。




なぜなら、ロングドレスは肌の露出が少ない分




足元が見えても構わない。





もし、あなたの選んだドレスが膝丈なら





つま先は隠した方が品良く見える。





もうひとつ、大切なこと




ストッキングの存在・・・




かしこまった場には、ストッキングを履くのがベター




その方が、エレガントに見える。





選ぶストッキングは、なるべく質の高いシアーなものを






コンビニでなくデパートで探すことをおすすめするわ。






シューズ選びと同じように






ドレスが膝丈なら、ストッキングを履く。






ロングドレスやパンツスーツなら、履かなくていい。






むしろ、長い裾から見える素肌が美しく見える。




真夏のパーティや、ファッション性の高いパーティなら






素脚を見せたり、ゴージャスなシューズを合わせるのも、もちろんアリ。






あなたが上級者なら





パーティも難なくこなせるでしょう。






TPOを考え、その場らしく演出できるのが






「エレガントな人」








原 雅香


シューズにまつわるエトセトラ

最もフォーマルなシューズは「つま先・かかとが隠れるパンプス」

膝丈以内のドレスを着るときは、基本的にオープントゥはNG

ストッキングは履くのがベター

ロングドレスなら、オープントゥも素足もOK

原 雅香UTAKO HARA 幼少時代は10年ほど海外で育つ。大学卒業後、米国広告代理店マッキャンエリクソンに7年ほど勤める。通訳部、営業本部に所属。2003年、ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシーグループ、クリスチャン・ディオールにて、広告、PR、マーケティング、イベント、CRMなど多岐にわたる経験を積む。2014年、セイバイアキコを設立。
マネジメント、企画、運営を担当。2017年からは自身の講座も受け持つ。